ヘルペスは感染したら迅速に治療をすることが何よりも大事なこと

どういった対処をするか

medicine

ヘルペスとは、小さな水ぶくれが集合した皮膚病のことで、ヘルペスウイルスに感染することで発症します。ウイルスに感染してもすぐに症状が現れるわけではなく、風邪などで免疫力や抵抗力が低下した時にウイルスが増殖し発症するのが特徴です。身体の様々な部位に現れ、代表的な症状に口唇ヘルペスや性器ヘルペス、帯状疱疹などがあります。感染力が強いため、症状が現れている時は他人に感染させないように、患部にむやみに触れず、タオルやコップなどを共用しないなどの注意が必要です。時間が経過して症状が消えても、ウイルスが体内に存在している限り再発する可能性があるので、疲労やストレスを溜めず、生活習慣や食生活に気を付けることが重要です。

ヘルペスの症状が出た時の治療法としては、ウイルスの増殖を抑える塗り薬や飲み薬が有効です。ウイルスが増殖してしまった後では効果が薄いので、早期に治療を始めることが大切です。現在の技術ではウイルスを完全に死滅させることはできないため、一度症状が現れた場合、体調管理に注意することで再発予防を行うことができます。市販薬も存在しますが、病院で購入できる処方薬の方が効果は強力です。性器ヘルペスの場合、デリケートな部分のため、検査を行うのをためらう人がいますが、パートナーに感染させやすい部位なので、早い段階で検査を行い、ヘルペスと確認された場合は適切な治療を行うことをおすすめします。再発しやすい人に向けた、保険適用可能な治療もあります。