ヘルペスは感染したら迅速に治療をすることが何よりも大事なこと

症状はすぐに出ない

drug

ヘルペスと聞くと口の中に出来てしまう感染病と考えてしまう人が多いのですが、しかしヘルペスは口だけではありません。ヘルペスに感染してしまい症状でてしまうのが、口や性器の部分そして体の半身にでる帯状疱疹です。性器の部分に水ぶくれや赤いぶつぶつが出来ているとヘルペスの可能性があります。性器ヘルペスになると、発熱することもあり、髄膜にまで感染してしまい髄膜炎になることもあります。帯状疱疹は、神経に沿って帯状に赤身や水ぶくれが発生します。左半身もしくは右半身のみに発生することがほとんどで、全体的に出ることが少ないです。どこに症状が出たとしても、症状に悩まされてしまいますので、早めの治療をして症状から開放されるようにしてください。

ヘルペスは感染することによってすぐに症状が出てしまうというイメージが強いけれども、実は違っています。ヘルペスに感染したとしてもすぐに症状が出るわけではなく、症状が出ない状態のままヘルペスを持ってしまっていることが多いです。ヘルペスは免疫力低下することによって症状が出るようになっているため、免疫力低下さえしていなければ症状が出ません。その為ヘルペスを持っているけれども出ないことが多くなっています。ただ、症状が出ないから気にしなくても良いわけではなく、症状が出ない可能性が高かったとしてもできるだけ症状がでている人と接触しないことがオススメです。症状が出てしまうと辛く苦しまなければいけませんので、十分な予防をしていきましょう。