ヘルペスは感染したら迅速に治療をすることが何よりも大事なこと

辛い症状が出てしまう

physics

ヘルペスはヘルペスウィルスによる感染病です。体の色々な場所に現れ、代表的なものでは、口唇ヘルペスや、性器ヘルペス、帯状疱疹などがあります。口唇ヘルペスの場合は、唇や口のまわりに、ちくちく、ぴりぴりなどの違和感がおこり、患部が熱を持ったり、さらには赤く腫れたりなどの症状が現れます。性器ヘルペスの場合は、性器やその周辺の違和感、赤いぶつぶつ、ただれなど、眼に見える症状がでます。そして、帯状疱疹では、体の神経に沿って、赤みや水ぶくれが現れ、ちくちくした痛みもあります。いずれも、神経の痛みをともなう皮膚病で、自然治癒には、個人差はありますがかなりの日数がかかる場合が多いので、服薬による治療が必要となります。

ヘルペスはヘルペスウィルス保菌者との接触で感染する場合や、それぞれの体内に潜伏していたウィルスの出現によるのが発症原因といわれています。多くの人は、子供の頃に水疱瘡にかかり、そのときの水疱瘡ウィルスが神経節に潜伏しつづけます。その潜伏し続けたウィルスが体力の低下や加齢、過労やストレスによって活性化しヘルペスとして発症するのです。治療法としては抗ヘルペス薬が用いられます。薬は錠剤や、重症の場合は点滴薬が持ちいれられる時もあります。ひどい痛みや高熱がともなう場合は、消炎鎮痛剤等も併用されます。まれに髄膜にまでウィルスが達成し髄膜炎などの重病にいたるケースもあります。患部がちくちくしたり、ぴりぴりしたりの初期症状が出たら早期の医療機関への受診が重要です。